2008年04月17日

うすあげポテトサラダピザ

雨ですね〜。
さ、またすごく簡単なおつまみに戻りましょう。

前に書いた「うすあげ長いもピザ」のアレンジです。
ポテトサラダが残ったとき、飽きたときにどうぞ。

usuagepoteto.jpg


★うすあげポテトサラダピザの作り方(1人分)

うすあげ   1枚
ポテトサラダ 120グラム(適当でいいです)
とけるスライスチーズ 1枚

うすあげに、ポテトサラダをのせてオーブントースターで
焼くだけです。

うちでは、うすあげにポテトサラダをのせたものを4分ほど焼き、
そのあとスライスチーズを小さくして、ぽんぽんっとのせてから
また5分焼きました。

※焼く時間は加減してください。

※おそうざいコーナーのポテトサラダがとても安くなってたので、買って作りました。
 うすあげは常に冷凍庫に……。

その他↓おつまみのことなら
おつまみ


にお世話になってますグッド(上向き矢印)



2008年04月15日

豚の角煮◆コンソメを使って薄味に


予告してました、豚をブロックで買って煮るの巻です。
節約じゃなく、即席なおつまみでもないです。
でも時間がかかるだけでやることは簡単なんですよ。

これを角煮と呼んでいいのかどうか……なんですが、
コンソメ顆粒を使ってます。

butakakuni.jpg

★コンソメを使った豚の角煮の作り方(2人分)

豚のバラ肉・ブロック  450グラム

長ねぎの青いところ   適量
しょうが(皮でも可)  大きいのを1かけ

下ゆで後・・・

たまねぎ    1個 (くし型に切っておきます)
水       450cc
白ワイン    50cc
コンソメ顆粒  小さじ 2杯半
醤油      小さじ 2杯
塩       小さじ 1/2杯
コショウ    少々

まず、ブロックのバラ肉の表面を焼きます。
フライパンに入りやすいように、2等分して焼きました。
(もちろん油を使わずに…)

下ゆでは1時間。ねぎの青いところとショウガを入れて、
あくをときどき取りながら。

下ゆで後は豚肉を切って上記の材料を入れ、1時間も煮ればできあがり。

今回はわたしは、下ゆでと煮るまでに時間をあけたこと、
煮るのは一気に煮ないで、何回かに分けたこと、などがあって
着手してから5時間ぐらいかけたかもしれません。

圧力鍋をお持ちの方は早くにできるんでしょうね〜。


コンソメ+醤油の組み合わせが好きなんです。
からしじゃなく、ブラックペッパーをたくさんかけて
食べました、

何かさっぱりしたソースを作ってかけるのもいいかも。

※細長い感じのブロックで、合計8切れ(味見に1切れ)になりました。

※醤油は2回に分けて入れました。

その他↓おつまみのことなら
おつまみ


にお世話になってますわーい(嬉しい顔)

posted by yoidore at 21:08 | 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ使用/その他

2008年04月13日

大雑把に◆ホタルイカサラダ


kaleoさんのブログ、みっちゃんをうならせる料理からヒントいただきました。
(3月末ごろに書かれてたと思います)

ホタルイカをそのまま以外で食べてみたいな〜と思ってたんです。
高いときは高いけど、安いときは安く入手できますもんね。

レシピを書くまでもないんですが、一応。

★ホタルイカサラダの作り方(2人分)

ホタルイカ  1パック
ベビーリーフ 1パック

ドレッシングは和風で。
 サラダオイル・酢・醤油を3対1対1
 塩、コショウ少々とおろししょうがを適量

ふつうの和風ドレッシングにおろししょうがを入れるだけでも いいと思います。

hotaruikasarada.jpg

ふだん酢味噌よりもしょうが醤油でよく食べるので、
なんだかいつもより少し、すっぱくしただけ?という気が
しないでもないです(汗)。。。

その他↓おつまみのことなら
おつまみ

豚のバラ肉をブロックで買ってきて、ただいま煮ています。
また後日報告しますね〜。

にお世話になってまするんるん
posted by yoidore at 15:09 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | 火を使わない/和

2008年04月11日

お好み焼き?いいえ「とんぺい焼き」デス。


今日は居酒屋メニュー「とんぺい焼き」です。
(関西のもの…かな?)

基本は豚と玉子とお好みソースさえあれば……というものです。

tonpei.jpg


★とんぺい焼きの作り方(おつまみとしては2人分)

豚バラ肉  100グラム
たまご   3個
白ねぎ   1/2本

塩     少々
コショウ  少々
お好み焼きソース 適量
マヨネーズ    適量


1、フライパンに豚バラ肉を並べて焼き、塩、コショウして
  刻んだ白ねぎをのせます。

2、玉子を割りほぐし、ざーっと1の上に流し入れ、しばらく
  焼きます。(ふたをするのもテです)

3、お好み焼きソースとマヨネーズをかけてできあがり。

※たまごは別の器に割っておかなくても、フライパンの上で
 ぽんぽんっと割って全体をならす感じでもできます。

※今回は白ねぎでしたが、野菜をいろいろ入れても。

※かつおぶしや青のりなんかをかけるのもいいですねー。

※追記★紅ショウガを入れたり、のせたりするとおいしいです!

※どんなのかわかりやすいように、ちょっとソースを少なめにして
 写しました。

ひっくり返したりしなくていいので楽なんですよね。これ。

若いダンナさんにはもってこいのおつまみかも。
(若くないダンナさんにはコレステロールが気になります…)

その他↓おつまみのことなら
おつまみ


にお世話になってまするんるん

posted by yoidore at 00:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | フライパン/豚肉

2008年04月10日

「塩えんどう」を使って手抜き〜なおつまみ

今日はこの

sioendou.jpg

塩えんどう」という商品を使ってみました。
袋に「ビールのおつまみに、まめごはんに」と書いてあります。
おいしい塩味のえんどう豆、玉子焼きに良さそうですね。
豆腐と合わせました。

いりどうふの手抜き版です。

sioendoutofu.jpg


★「塩えんどう」入り手抜きいりどうふの作り方(2人分)

木綿豆腐  200グラム(普通より大きいの半丁分です)
塩えんどう 75グラム(半パック)

こま油  少々
酒    小ざじ 1
醤油   小さじ 1〜2(好みより加減してください)

1、豆腐は電子レンジで3分ほど加熱して水切りします。

2、フライパンにごま油を熱して、豆腐を入れて、くずして
  ゆきます。酒、醤油で味つけ、水分を飛ばします。

3、2をフライパンから器に移して、「塩えんどう」と
  混ぜてできあがり。

※豆腐の水分を飛ばすときにを入れるとさらにいいです。

※甘めがいい方はみりんを入れてください

※「塩えんどう」にしっかり塩味がついているので、お豆腐の
 ほうは控えめのほうがおいしいかな〜と思います。


その他↓おつまみのことなら
おつまみ

髪を切りたいな〜。
ばっさり切ろうかな〜と思案中の春・・・デス。


にお世話になってます。


posted by yoidore at 00:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小鉢
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。